読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変化に弱い

7年間担当してくださっていた美容師さんが
今月末でお店を辞めるらしい。

 

私は人と話すのがあまり好きではないし
おしゃれな方でもない。
だから昔は美容室なんて「ただ髪を切りにいく場所」だったけど
7年も行き続けていると
「気分転換したいときに行く場所」
に変わっていった。

 

大学時代は少し個性的な髪型にして気分転換を
就活中は色を落ち着けてもらって戦場へ
母が亡くなったときは沢山泣いて、髪をバッサリきって黒に染め喪に服した。

髪を切ると自然と気持ちが前向きになった。

 

なりたい髪型も最初は考えていったけど
徐々におまかせするようになった。
美容師さんも何も言わなくても似合わせで切ってくれるようになった。
人生相談もするようになり、
またされるようにもなった。

 

「ずっと髪を担当してもらう」ことは
一見ただ同じ人を指名し続けるだけのように思えるけれども
「人生に寄り添ってもらう」ことだったのを改めて実感した。
これからもそれが当たり前だと思っていた

 

人生は人の数だけあって
そのぶんだけ出会いがあるし別れもある。

 

わかっているけど寂しい。
母がなくなったとき、自分は少し強くなったなんて思ったけど
あいかわらず変化に弱いままだった。

 

明日最後のカットに行くのだけれども
辞めると聞いた瞬間からずっと落ち着かない気持ちでいる。
仕事中も、終わってからも、ずっと。

 

二年くらい前になんとなく「伸ばそうかなぁ」と呟いたのを聞き逃さずにいてくれて、
その後バッサリいこうとしてもなかなか切ってくれなかった。
おかげで髪の毛は胸まで伸びたけど、明日バッサリと切ろう。

 

文章にすれば少し落ち着くかな?なんて思ったけれど
より一層、寂しさを実感してしまった。

 

今までありがとうございました